記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「円空上人と小さな仏さまたち」(その3)

ファイル 1141-1.jpg
 ・・・こんな話が伝わっています。
 ある日のこと。
 円空さんは旅の途中、一件の農家に立ち寄りました。
(円空)「すまんが、水を一杯もらえんかのぉ・・。」
 と、円空さんがその家の戸を開けると、そこには床に臥せる女性がおり、その横に夫と子供らしき者が看病をしておりました。
(夫)「おぉっ、旅のお坊さんかね。水はそこにあるで、遠慮のぉ、飲んでけろ。」と、快く円空さんを招き入れてくれました。
(円空)「おや、そこで休んで居られるのは、坊やのお母さんかね?」と、円空さんが尋ねると、
(子供)「うん、そうだよ。母ちゃんは重い病気なんだ。・・でも、うちは貧乏なんで薬を買うお金が無いんだよ。」と、子供が答えました。
ファイル 1141-2.jpg
(円空)「そうかい、そうかい。わしは銭は持っとらんので・・、それじゃあ、良いものを作ってやろう。」と言って、円空さんは、背中の背負子から、一本の木切れを取り出しました。
 そして、せっせせっせと、自分の鉈で、一体の仏さまをこしらえたのでした。そして、
(円空)「この仏さまを握り締めれば、お前さんの苦しみは解けてくるぞ。そして、念ずれば仏様が護って下さるからな。」と、母親に手渡したのでした。
(母)「まぁ、なんと優しいお顔をした仏様。・・私はこのような仏さまが欲しかったのです。」と、母親は涙ながらに喜びました。
(子供)「母ちゃん、良かったね。」と、子供も一緒に喜びました。
ファイル 1141-3.jpg
 そして、この日の晩。
 母親は、「旅のお坊様、仏様を有難うございました。・・私はこれで、安らかに旅立てます。・・ナムブツ、ナムブツ。」と言って、静かに目を閉じました。
 父が泣きました。
 子が泣きました。
 そして、円空さんも泣きました。
 しかし、その亡くなった母の顔は、たいへん安らかな表情でありました。 つづく