記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「犬たちをおくる日」(その5)

ファイル 1012-1.jpg
(職員)「〔処分機〕の中の犬たちは驚く。
 やがて、ガスが充満するに従い、犬たちは顔を上に向け、口を大きく開け、・・そして数分後、静かに折り重なるように、その場で倒れて死んでしまうんだ。」
ファイル 1012-2.jpg
(職員)「やがて〔処分機〕の中のガスは抜かれる。
 そしておじさん達は中に入って、犬たちが完全に死んでいるかを確認するんだ。
 犬たちのその顔は、死んでも尚、飼い主を信じているかのように穏やかな表情をしている。
 おじさん達は、その犬たちの首輪を一つ一つ丁寧に外す。
 そしてその後、再び〔処分機〕に戻してボタン操作で〔焼却炉〕に移すんだ。」
ファイル 1012-3.jpg
(職員)「焼却炉の中の温度は、摂氏八百度。
 だから犬たちの遺体は、瞬く間に焦げて、煙になってしまうんだ。
 そして骨となり、その後細かく砕かれて、土のうに詰め込まれ
〔産業廃棄物〕になって捨てられる。
 君たち、よく覚えていて欲しいんだ。 
 犬たちの命は、決して灰になる為に生まれてきたんじゃない。
 生きる為に生まれて来たんだ。
 その命に対する責任は、飼い主はもちろん、これからみんなで考えていけないと思うんだ。」 つづく